金のタマゴ

HAPPY LOOPでキレイもMONEYも手に入れます!! 

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【無料!FC2カウンターに登録しよう!】 | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

起業のガイドブック

もしあなたが、

・何かの専門家で起業してみたい。もしくは既に起業している。
・ただ、起業して一人でやっていくのが不安だ。
・お客の集め方もよく分かっていない。
・営業とかもあんまりやりたくない。

などといったことに思い当たるフシがあるなら
この本が役に立つかもしれません。

コンサルタントや各種士業、デザイナーなど
何かの専門知識や専門スキルがある人は
独立起業すれば収入を増やすことができます。

但し、知識やスキルがいくら優れていても
お客さんがいなければ、無一文になります。

逆に、もし予約の絶えない状況を作れれば
収入は青天井になることでしょう。

この本はそういった、
起業して理想のお客が集まる仕組みを
どうやって作るのかが分かる本です。

起業初心者の方のみならず
今、起業して上手くいっていない人も使える
非常に頼りになるガイドブックです。


1_20150325125606e1d.jpg
スポンサーサイト

【無料!FC2カウンターに登録しよう!】 | ★BOOK | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、議論をしてはいけないのか?

よくあるミーティングや会議中。

あなたは部下や後輩に、
こうすればもっといい仕事ができる、
いい結果が出るだろうと思って
助言やアドバイスをしたところ、

意見に耳を貸さないどころか、
あろうことか反発して口論になってしまった。
なんて経験はありませんか?


一体なぜ、こんなことが起きるのでしょうか?


その原因はほとんどの場合、説得や議論という
情報伝達の手段に問題があります。

一見、議論というのは
建設的な話し合いの場であるように見えるのですが、

一歩間違うと建設的どころか
意見や価値観の押し付けにつながってしまいます。


というのも、人間は
誰しも自分のやっている事は正しい。
と考えています。


皆、誠実に仕事をしているのです。

ですので、話し合いの中で
相手と見解の食い違いがあると、

誠実に仕事をしている
「自分のやっていることが正しく、
したがって相手のほうが間違っている」
と思ってしまうのです。


それなのに、誰かから
「間違っている」と指摘されると、
その人を自分の「敵」だと感じてしまいます。


そして、そんな状態のときに
自分の意見を押し通してしまうと
相手と対立して、

議論には勝っても人を動かすことには失敗する。
という結果にしかなりません。

では、どうすれば人は動くのでしょうか?

この本「リアル・インフルエンス」を読めば・・
答えがあきらかに!!



1_20150319110424123.jpg









【無料!FC2カウンターに登録しよう!】 | ★BOOK | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時間管理はしないほうがいい?

もし、あなたが普段の仕事で

・仕事が山積みで残業続き。もっと時間が欲しい。
・案件を抱えすぎで、どの仕事も進まない。
・仕事でミスが多くいつも対応に追われている。
・やらなきゃいけない仕事をよく忘れてしまう。

といった状況にあるなら、この本
ザ・エクセレンス」はあなたにとって
非常に役に立つ本になるかもしれません。

誰もがそうですが、仕事が軌道に乗ってくると
決定的に時間が足りなくなります。

プロジェクトの推進、問題の解決、部下の育成、、
全ての仕事が自分に降りかかってくるわけです。

こうなったときに大抵の人は限られた時間を
何とかして効率良く使うことを考えます。

ここで登場するのがスケジュール手帳などの
「時間管理」のためのツールです。

ところがこういったツールを駆使しても
なぜか仕事は一向に減らないのです。

なぜ、こんなことになってしまうのでしょうか?

それはほとんどの場合、
「時間管理をすれば生産性が上がる」
という勘違いが原因にあります。

実は、、、

1_20150318161047a0c.jpg

【無料!FC2カウンターに登録しよう!】 | ★BOOK | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Amazonを震撼させた会社の戦略

ザッポスという会社をご存知でしょうか?


この会社は靴の通販で大成功を収めて
売上1000億にまで急成長し
最終的にAmazonが買収した会社です。


急成長の秘密は顧客満足度がとても高く、
通販でリッツカールトンやディズニーランド
レベルの顧客サービスを実現しています。


それだけでなく社員満足度も異常に高く、
働きたい人が募集枠を求めて
空きが出るのを待っているそうです。


社員全員が幸せだからこそ
顧客にも幸せを届けることができる
というわけです。


優秀な人材が向こうから集まってくる会社は
やる気のない社員ばかりで成り立っている
会社とは勢いもパワーも全然違います。


Googleなどがその分かりやすい例です。

1_201503171130491ce.jpg


そのザッポスのCEOトニーシェイが
「ザッポスで無意識にやろうとしていたことが
体系化されている」
と絶賛した本がこの「トライブ」です。


人の問題で困っている人にとっては
とてもオススメできる本です。

【無料!FC2カウンターに登録しよう!】 | ★BOOK | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

欲求のツボはどこにある?

不思議なことに何かの商品に

【2,000円】という値札が付いているときと
【1,999円】という値札が付いているときでは

なぜだか1,999円のほうが
やたらと安く感じてしまいます。

実はコレ、先頭数字効果というのですが
人は複数の価格を比較するとき
先頭の数字を過大評価する傾向があるのです。

ということは、1,500円と1,499円では
消費者の価値認識はそこまで変わらない
ということが分かります。

他にも、1000円のTシャツを3枚買うとき
「2枚買えば3枚目から半額」と言われると

「3000円を2500円に値引き」あるいは
「総額から500円値引き」と言われるより
大幅に安く感じてしまいます。

この本「行動科学マーケティング」は
こうした人間の行動科学について
徹底的にリサーチした一冊。

もしあなたが、こうした行動科学を
マーケティングに応用したいのなら、、

新刊本「行動科学マーケティング」を
是非、チェックしてみてください。

行動科学マーケティング

1_20150312100233ce2.jpg

【無料!FC2カウンターに登録しよう!】 | ★BOOK | 10:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。